システム開発・保守サービス

開発段階から維持保守フェーズを見据え、機能的で使いやすいソフトウェアを提供します!
業務システムの再構築でお困りなら、まずCTCSへご相談ください。

システム開発・保守サービス

Microsoft365連携についてはこちらをクリック

お客様の課題・目的

  • OSやMicrosoft製品のアップグレードに現在のシステムが耐えられるか心配。

  • Excelだけでのデータ管理は限界・・・でもシステム化には費用がかかる。

  • 仕様書やドキュメントがなく、業務システムに関する仕事が属人化している。

ソリューション概要

金融、製造など、様々な業種のお客様に対して、ソフトウェア開発・提供を行っています。
お客様の要望や業務内容に応じた機能的なソフトウェア開発を行うことはもちろん、環境依存の少ない実装で環境変更による負荷を軽減。
OSやMicrosoft製品の異なる種類やバージョンで検証を行い、多様な環境での動作確認までを行っています。
費用面などを含めたお客様要件によって、オンサイト常駐開発または当社内開発を行っています。

ドキュメント整備でシステムを“見える化”

ドキュメントの作成・整備によってシステムを“見える化”することが、導入後の維持保守のポイントです。
CTCSでは、開発段階から維持保守フェーズを見据えて、お客様の必要レベルに応じたドキュメント体系を提案し、整備を行っていきます。
また、お客様によっては既存システムの仕様書やドキュメントがなく、関連する業務が属人化しているケースが見受けられます。
こうした場合、他の担当者へ仕事を引き継ぐことが困難なだけでなく、今後のトラブル対応やシステム改修に影響が出る恐れもあります。
そこでCTCSは、既存システムのソースコードを解析するリバースエンジニアリングによって、仕様要件をドキュメント化するサービスも提供。システム全体の見直しなどにもご利用いただけます。

導入までの流れ

  • STEP 01

    STEP01

    要件定義

    • ・既存システムの要件を整理
    • ・新システムに期待する機能を加味したシステム要件の確定
  • STEP 02

    STEP02

    基本設計、詳細設計

    • ・要件にもとづいた設計を実施
  • STEP 03

    STEP03

    プログラミング、単体テスト

    • ・設計にもとづいたプログラムの実装とテスト
  • STEP 04

    STEP04

    結合テスト、システムテスト支援

    • ・機能間連携を意識したテストや実業務を想定したテストを実施
  • STEP 05

    STEP05

    データ移行

    • ・データ移行計画、データ移行手順作成
    • ・計画にもとづいたデータ移行作業
  • STEP 06

    STEP06

    アプリケーション維持保守

    • ・利用者からのお問い合わせ対応
    • ・バグ改修、機能改善に向けた対応

CTCシステム
マネジメントだからこそ

STRENGTH

  • 1

    長年のIT運用で培ったノウハウを駆使してお客様をサポート

    運用管理のエキスパートとして、30年以上積み上げてきたノウハウで、お客様をサポートします。

  • 2

    検証から構築・導入、メンテナンスまでワンストップで提供

    専門知識と開発言語に精通したエンジニアが、お客様環境に最適なツールの導入から維持管理まで提供します。

RELATED SERVICE関連サービス

資料請求はこちら

ページトップへ