サービス&ソリューション

メインフレーム運用サービス

メインフレーム運用サービス

システム設計から実装・運用、システムリプレースやソフトウェア導入など
メインフレーム運用の全てをお任せください。
お客様のニーズに応じたメインフレーム運用サービスを
24時間365日、安定的に提供します!

1.お客様の課題・目的

こんな課題でお悩みではないですか?

  • メインフレーム運用のスキルを持った人材が少なく、業務が属人化している。
  • 自動化ツールを活用した運用へ切り替えたい。
  • 運用の品質向上とコスト削減を両方とも実現したい。
  • メインフレームを中心とするディザスタリカバリ対策やマルチプラットフォーム環境を考慮した運用を検討している。

基幹システム運用の課題はCTCSが全て解決!

様々な企業の情報システム部門では、業務運用の経験やノウハウが少なく、残業によるコスト増加が課題になっています。また、企業の要となる基幹システムは常に安定運用が求められます。

CTCSでは、長年のシステム運用実績から得たノウハウを活かして、オペレーションから業務運用までトータルにサポート。単なるシステム運用のみにとどまらず、お客様の業務に寄り添い、その場に最適な業務運用を作り上げていきます。障害発生時には高いスキルを持ったスタッフが休日・夜間を問わずリカバリ対応にあたるなど、安定した運用を実現。
お客様の抱える課題を解決すると同時に、安心して基幹システムを任せられる運用サービスを提供します。

2.ソリューション概要

メインフレーム運用に関する日々の定型的操作やシステム稼働状態の監視を、24時間365日、安定的に提供します。

オペレーションから業務運用までトータルに提供するため、障害時には迅速な回復措置の実施が可能。
同時に障害を未然に防ぐための改善提案なども行っています。その他、様々なお客様のニーズに対して、長年の運用ノウハウと過去の事例、外部有識者からのアドバイスを活用してお応えしています。
サービスはお客様のシステムや環境に応じて、オンサイトやリモートで提供。常時複数名の専門技術者が対応します。

幅広い技術知識でお客様に合った運用を行います

メインフレームで稼働するジョブ(受発注や伝送、一括バッチ処理)をはじめ、ツールでの処理や外部インタフェースと連携した運用が可能です。お問い合わせ対応やマスタ登録作業は365日体制で提供しています。
また、インフラ設定、リソース管理、構成管理などはもちろん、ITライフサイクルへの技術支援も行っています。
自動化ツールやテープライブラリなど、最新技術を活用した運用効率化もお任せください。

対応OS IBM z/OS、IBM i(i5/OS)、AIX、AS/400、Power System
富士通 OSIV/MSP 、OSIV/XSP、ASPシステム
HP HP NonStop Operating System
その他 Windows各種、Linux各種、Solaris
仮想環境 VMware VMware-ESX
Microsoft Hyper-V
IBM Virtual I/O Server
ミドルウェア ユニリタ A-AUTO
富士通 Systemwalker
日立 JP1
運用管理ツール開発言語 assembler、COBOL、RPG、C#、C++、Java、PHP、Perl等

3.導入までの流れ

ステップ1

ヒアリング、現状分析、構成提案

  • お客様システムの運用についての問題点や要望等のヒアリング
  • 現状のシステムについて調査

ステップ2

システム移行計画策定

  • お客様システムの業務内容について具体的にヒアリング
  • 移行計画の策定

ステップ3

運用導入計画策定

  • 既存運用業務の説明を受けると共に運用業務の洗い出し(業務調査)を行い、移行優先度を決定

ステップ4

運用移行計画および詳細設計

  • 業務調査の結果、再設計が必要な場合は該当業務の運用設計を新たに行う

ステップ5

運用テスト、移行

  • 策定した運用移行計画書をもとに実際の運用業務を実施
  • テスト運用中に発生した各ドキュメントの修正

4.提案例

“運用を"見える化”するアウトソースで、
効率化と品質向上を実現!

導入の目的
品質、作業負担・・・情報システム部門の抱える問題

お客様の情報システム部門では、業務システム運用の作業負担が大きくなっていました。それと同時に、運用品質低下や企画等のコア業務にあてる時間の不足など、様々な問題が噴出。そこで、運用のやり方自体を抜本的に見直したいという考えに至りました。

提案概要
運用アウトソースで、無理・無駄のないシステム運用を

CTCSでは、ITシステム運用会社として培ってきたノウハウをもとに、システム運用管理業務を"見える化"するアウトソースを提案。
"見える化"には運用工程の無駄を発見すると共に、必要なチェックポイントを一つひとつ明確にする効果があり、作業のスピードアップと効率化を図ることができます。
またCTCSがお客様の手足となって作業を行うので、お客様では監理・監督のみに集中できるようになります。

導入後に期待できる変化
戦略的組織へシフトし、運用品質も向上!

お客様の情報システム部門は、IT戦略の立案・企画に特化した組織にシフト。これまで運用にあたっていた人材を企画・開発部署の上流工程に投入することで、"攻め"の対応が可能な戦略的組織に生まれ変わりました。
また、運用を担当するCTCSはスピーディーかつ柔軟なサービスを提供し、結果的に運用品質が大きく向上。継続的な安定運用を実現しています。

5.導入の期間・費用

詳細はお問い合わせください。

6.専門スタッフがサポート

  • 金融や流通など、様々な分野で長年にわたる運用の実績があります。
  • 高いスキルと豊富な経験を持つ専門スタッフが運用を担当します。エンドユーザーとの密接な関わりから、お客様の業界や業務等への理解を深めているため、要件や要望への柔軟な対応が可能です。また、各種お問い合わせにも迅速に対応します。
  • データセンター運用で培った技術力を武器に、お客様の運用形態に合わせた業務/システム運用およびオペレーションサービスを提供することができます。
  • メインフレームとAS/400(後継機:Power Systems)の運用業務に携わり、制御言語(JCL)や各種ツール(SCF、A-AUTO)に精通。メインフレームやワークステーションに限らず、多種多様なマルチプラットフォーム環境への理解も十分です。
  • CTCグループの総合力や業界内の連携を生かしたトータルソリューションも提供可能です。

保有資格情報

情報処理系資格
情報セキュリティスペシャリスト、ソフトウェア開発技術者、基本情報情報処理第2種、初級システムアドミニストレータ
IBM
ILE RPG Programmer、Power Systems Technical Support for i、System i テクニカル・ソリューション・構築、System i テクニカル・ソリューション・デザイン、System z Technical Support V2、System z Technical Support V3、System z Technical Support V4、AIX6.1 administration、IBM Certified Infrastructure Systems Architect
富士通
Systemwalker Certified Assosciate V13、Systemwalker Certified Professional ジョブ管理 V13、Systemwalker Certified Professional ライフサイクル管理 V13
VMware
VMware Certified Professional V4、VMware Certified Professional V5
日立
JP1 エンジニア
その他
TOEIC 650以上、ITIL Foundation、LPIC レベル1~3
pagetop