社内の申請書業務には 社外(客先)との契約業務には 社内・社外システムを連携するには

テレワーク時代のペーパーレスソリューション

Agile Works×CLOUD SIGN

CTCSペーパーレスソリューション

CTCSペーパーレスソリューション

イラスト

こんなお悩みありませんか?

社内の申請業務にて

ワークフロー未導入の場合:紙の運用

イラスト

申請した書類の進捗状況が不明

イラスト

申請書類を紛失した事がある

イラスト

書類の保管・捜索に時間がかかる

ワークフロー導入済みの場合

イラスト

組織が変わる度に組織・役職・ユーザー情報の更新が大変

イラスト

ワークフローシステムの操作が難しい

イラスト

稟議書など、複数の組織・関係者を経由した申請ルートが出来ない

社外(客先)との契約業務

イラスト

契約書類の印刷・捺印・製本・郵送等の為に出社しなければいけない

イラスト

顧客へ提出した書類の進捗管理・確認に時間がかかる

イラスト

紙書類の保管コストが減らない

また、たとえ社内・社外業務がシステム化されていても…

イラスト

複数のシステムを個別に覚えたり、管理するのは大変

AgileWorksで簡単な社内申請から
複雑な稟議書、
顧客との契約書類まで
全てを電子化!

Agile Works×CLOUD SIGN

Agile Works×CLOUD SIGN

クラウドサインにより、
顧客との契約処理をより速く、
安全にWeb上で完結!

承認・捺印の為の出社、
書類の印刷・製本・郵送・保管業務を大幅削減!

AgileWorksとクラウドサインを連携することで、社内文書と社外文書をワンストップで捺印完了。
セキュリティを担保しながら電子化を実現します。
CTCSではAgileWorksの導入、帳票作成、アドオン開発、導入後の管理者教育、運用支援まで幅広く対応します。
さらにクラウドサインの利用手続きからAgileWorksとの連携設定まで
ワンストップの対応が可能です。

社内の申請書業務には

AgileWorks製品概要

AgileWorks(アジャイルワークス)は、組織変更時の新組織先付け登録、稟議書の根回し機能など、日本企業特有の複雑な業務にも対応する標準機能と高い拡張性を持つワークフローシステムです。

画像

AgileWorksの特長

FEATURES 1

イラスト

組織改編や人事異動が多い企業の社内周知や管理の負担を減らします

FEATURES 2

イラスト

紙のように直感的な入力フォームだからユーザーは迷わず使えます

FEATURES 3

イラスト

移行を想定した機能があるからワークフローシステムへの移行が簡単です

FEATURES 4

イラスト

事業所ごとに違う書類の管理ルールを
統一して紛失リスクを減らします

FEATURES 5

イラスト

社内の業務フローを強化して
利益増や業務効率につなげます

FEATURES 6

イラスト

変化に強いシステム連携で柔軟な
アドオン開発を可能としています

CTCSにおまかせください

ライセンス販売/保守

帳票作成/アドオン開発

システム導入

運用支援

管理者教育

社外(客先)との契約業務には

クラウドサインサービス概要

弁護士ドットコムが提供するクラウド型電子契約サービス。「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をWeb画面上だけで完結します。

画像

クラウドサインサービスの特長

FEATURES 1

イラスト

たったの数分間で契約を
締結することができます

FEATURES 2

イラスト

セキュアな保管機能で、コンプライアンスの強化にも役立ちます

FEATURES 3

イラスト

契約書名や企業名、日付や金額等、
様々な条件での検索が可能です

FEATURES 4

イラスト

メール認証に加えて、送信者の任意でアクセスコード認証がご利用いただけます

FEATURES 5

イラスト

PDFファイル・宛先等の情報をテンプレートで保存、書類の送信時に呼び出す事ができます

FEATURES 6

イラスト

貴社で既にお使いのシステムと
連携することが可能です

CTCSにおまかせください

サービス利用受付

社内・社外システムを連携するには

システム概要

AgileWorks上で社内承認が完了した契約書などの取引文書を「AgileWorksクラウドサイン連携用API」にて自動的にクラウドサインへ連携します。クラウドサイン上で取引先承認者が承認されると、AgileWorks上の申請情報に承認済み取引文書が反映されるため、AgileWorks→クラウドサイン間の作業効率向上、メールによる誤送信防止、取引情報の一元管理が可能となります。

図

対象製品

AgileWorks R2.9以上

期間・費用

詳細はお問い合わせください。