サービス&ソリューション

衛星通信運用サービス

衛星通信運用サービス

日本初の民間通信衛星打ち上げ時から衛星管制業務をスタート!
20年以上の経験で積み上げた衛星通信の運用ノウハウで、
お客様のニーズに応える安定運用を提供します。

1.お客様の課題・目的

こんな課題でお悩みではないですか?

  • 衛星管制は特殊な業務のため、専門的な知識が必要。
  • 24時間365日安定稼働するための運用技術が求められる。
  • 障害が起こった時には迅速に対応し、短時間で復旧させて欲しい。

衛星管制という特殊分野で、安定運用を継続しています

1989年、日本初の民間通信衛星打ち上げ当時、衛星管制業務を行える企業はまだ数少なく、大手企業がその業務のほとんどを行っている寡占市場でした。

CTCSは、様々な分野でシステム運用を行ってきた実績が認められ、打ち上げの前から衛星管制業務に参画。運用業務スタート時から現在に至るまで、安定運用を継続しています。
20年以上におよぶ衛星管制運用で蓄積した技術と経験をベースに、安全で効率的な運用を実施。お客様のニーズに合ったサービスを提供し続けています。

更なる運用品質向上を目指して

高額な上、メンテナンス不可能な通信衛星。
その寿命までの間、衛星本体や地球までの通信回線を正常に保つには、24時間365日の安定稼働を保証する高い技術力と信頼性が求められます。

CTCSでは、運用教育や定期的運用・障害レビュー、シミュレーションを行い、運用品質の向上を常に心がけています。 こうした日々の品質向上への努力が、20年以上にわたる安定運用につながっているのです。

2.ソリューション概要

スカパーJSAT株式会社様が保有する16機の衛星。その衛星管制運用に関する、日次定常運用を安定的に行っています。また特殊イベント(姿勢制御、蝕等)や障害を想定したシミュレーションを計画的に実施、障害対応まで行います。

衛星管制への理解と高い専門知識

運用業務にあたる担当者は、衛星システム、サブシステムについての深い理解と知識を持ち、定常運用から障害復旧まで幅広く対応可能です。
また、全員が無線資格(第一級陸上特殊無線技士以上)を取得し、高い技術力で運用業務を支えています。

3.導入の期間・費用

詳細はお問い合わせください。

4.専門スタッフがサポート

  • 衛星管制業務についての専門知識を持ち、経験豊富なメンバーが24時間365日体制で運用業務にあたっています。
  • 全員が無線資格(第一級陸上特殊無線技士以上)を取得しており、高い技術力をもとに安定した運用を提供しています。
pagetop