パトロールロボコン

運用オペレーション自動化ツール

ロボコン

概要

カスタマイズ可能な開発型RPAツール

開発型のRPAツールであるパトロールロボコンは、カスタマイズ性に優れた製品です。 開発言語として広く使われているRuby、Java、PHP、C#言語を使用しており、柔軟性に優れています。

IT運用業務にも最適

IT運用の業務では、多種多様なシステムを扱い、多くのオペレーション対応が発生します。複数作業の連続である一連の業務では、どこまでを自動化できるかによって導入の効果に違いが出ます。事務作業などのバックオフィス系での導入は勿論、そのカスタマイズ性で、AS400などのエミュレーター操作など今まで難しかったIT運用業務の自動化も可能になりました。

特徴

画面を見て人が判断・操作を行う業務も自動化

マウス・キーボード操作のほか、
従来のRBAでは難しかった画面操作の自動化が実現

条件分岐や他業務との連携も柔軟に対応!

条件による分岐や状況を見て別の処理を入れる業務もロボットが代行

リモートデスクトップ越しの業務も操作可能

直感的操作ができるわかりやすい管理画面

シンプルな手作業から自動化。大規模構築不要でスモールスタートが可能

他製品と比較し低コストで導入

質の高いサポートは国産RPAだからこそ

動作環境

CPU 1GHz 以上
常駐時の使用メモリ 20MB以上
必要ディスク容量 100MB以上の空き領域
モニター解像度 WUXGA(1920x1200) 以下を推奨
DPIスケーリング96DPI(100%)
Windows OS (32bit/64bit) Server 2008~2012, Windows Vista~10
Ruby Version 1.9.3系~ 2.3系:
Windows 32/64bit / Linux 32/64bit
(推奨:Windows 1.9.3-p362 以降、
Linux 1.9.3-p484 以降)
TCPポート番号 37000:基本待ち受けポート番号(変更可能)
UDPポート番号
(ロボコンホスト検索時に使用)
37000:ブロードキャスト待ち受けポート番号
(変更可能)
57000:ブロードキャスト返信待ち受けポート番号
(変更可能)

ライセンス費用

ライセンス費用については以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求