今使ってる
SAPのバージョン
いくつ?

SAP ERP6のEHPをアップグレードし、
来る2027〜2030年備えよう!

SAP2025年2027年
問題
について

SAP2025年問題とは、SAP社が展開するシステムERPソフトウェアの
2025年保守サポート終了通告を指したものです。

2020年2月SAP社よりSAP ERP 6の保守サポート期限を2027年まで延長することが発表されました。
一部条件を満たすことにより2030年までサポートを受けることが出来るようになります。

EHP(Enhancement Package)
とは?

SAP ERPの最新機能をアップグレードせずに利用するための
拡張パッケージのこと

2030年までサポート受けるためにやるべきこと

SAP ERPの保守サポート期限は2027年末に終わりを迎えます。
期限が切れるまでにSAPユーザー企業が取るべき選択肢は大きく分けて2つです。

抜本的な対策は①ですが、昨今のERP系IT技術者の不足も
相まって、移行プロジェクトの立ち上げ、プロジェクトの長期化も予想される為、
②も現実的な選択肢となります。

②を選択した場合、
2030年までサポート期間を
延長するには、

EHPを6以降に
アップグレードする必要が
あります!

SAP EHPアップグレードソリューションが解決!

ソリューション概要

SAP EHPバージョンアップソリューションは、
お客様のSAP環境をSAP分析ツールにより事前に調査(アセスメント)し、バージョンアップによる影響範囲、
修正箇所を高精度で特定の上、必要となる作業スケジュール、作業内容をご提案致します。

また、EHPバージョンアップ作業時にも分析ツールを利用し、
影響箇所が実際に解消されている事を確認しながら進める為、品質の高いバージョンアップ作業を行います。

Step1

ヒアリング/ご説明

  • ・現行SAP環境の確認
  • ・対応時期、ご予算
  • ・EHP適用要件の確認
Step1

SAP環境調査

  • ・Panayaツールを使用してアセスメント
  • ・手動アセスメント
Step3

調査結果レビュー

  • ・対応工数/期間提示
  • ・御見積提示
Step4

EHPアップグレード作業

  • ・修正作業
  • ・稼働テスト
Step5

本番リリース

  • ・お客様環境でリリース

※Panayaのツールについて

PanayaツールはPanaya社が開発したアセスメントツールです。
こちらをお求めの場合、別途Panaya社と連携の上、ご提案します。

Panaya社製ツールを使用する事で、品質を
維持しながらテスト工数・期間を大幅に削減致します。

対象製品

期間・費用

期間・費用に関しましては、
お問い合わせください。

SAP環境の
クラウド移行について

CTCSでは、オンプレ環境で
稼働しているSAPのクラウド移行も
サポートしております。

お問い合わせはこちら

TOPへ