ロボティクス奮闘記

ロボティクス奮闘記

THE RPA化要望 ランキング RPAプロジェクト発足一周年記念

こんにちは。
RPAナビゲーターのロボ之園です。

RPAの取り組みを始めてもうすぐ1年がたちます。
この1年で自社、お客様の様々な部門からRPA化、ロボット化の相談を頂くようになりました。
RPAプロジェクト一周年を記念して、RPA化要望ランキングを発表したいと思います。

インシデント管理のRPA化

これは、CTCSがIT運用を生業とした会社だからですかね。
とはいえ、監視システムで発生したシステムアラートのハンドリングや、インシデント管理ツールの記録、アラート内容に基づくオペレーション作業といった多様なインシデント管理業務でのRPA化を要望いただくことが増えております。

Excel大量データの処理

日本の企業の中ではExcelで管理されているデータって非常に多いですね。
「社員情報」「営業情報」「売上情報」「会計情報」などなど
それぞれ専門のシステム、アプリケーション上でデータ自体は管理されているのですが、最終的にデータ分析、レポート化するときは、CSVやExcelにデータを落として、そこから『データ抽出』『複数ファイルからのデータ結合』『データ加工、整形』『統計グラフ(ピボット)の作成』といった処理を行うことが非常に多く、この作業に時間がかかり、実際には【分析】ではなく、【ファイル・データ作成】業務になってしまっている話をよく聞きます。
このデータ処理部分をRPA化したいといった話が非常に増えて来ています。

システム/WEBアプリケーションへのデータエントリー、データ抽出

img

ここはRPAが注目された一番の領域だと思います。
システム自体にもデータのインポート機能はついていても、やはり全パターンに対応していなかったりして、担当者自身でシステム操作して、データ入力や各種データダウンロードを実施しているのが現状です。
システムやアプリケーション自体の改修だと費用も期間もかかってしまうため、RPAで業務を簡略化したいと相談をいただくことが多いです。

いかがでしたでしょうか。
以上が、CTCSがこの1年を通してお受けしたお客様の「RPA化要望」のTOP3です。「働き方改革」の気運から、残業時間削減や業務効率化への取り組みにRPAは欠かせないツールであるということが分かります。

しかし、お客様から聞こえてくる声には、
「削減された時間を何に使うのか」
「効率化された分何を豊かにしていくのか」、
と、単純に「数字で表せる指標の改善だけにとどまるものではない」という思いが強く見受けられました。

「働きがい」という定性指標も、二年目に突入する我々CTCSのRPAプロジェクトは追っていきたいと思っています。

「人事の壁を超えろ!」ロボット社員の入社手続き

こんにちは。
RPAナビゲーターのロボ之園です。

今回はRPAプロジェクトリーダー坂西氏に、RPAプロジェクト実行にあたり、苦戦したこと、意外だったことなどをインタビューしてきました。

thumb_robota

坂西氏

RPAプロジェクトでまず奮闘したもの。それは……
開発でも設計でもなく、ロボット社員の入社手続きでした。

thumb_robonozono

ロボ之園

意外ですね。「ロボット社員入社」のニュースは、新聞やテレビでも話題になっていました。一大イベントだったようですね。

thumb_robota

坂西氏

話題? イベント? いえいえきっとそれだけじゃないはずですよ。
まずはじめに骨をおったのが、ロボット用のID等々、アカウントの作成だったんです。

thumb_robonozono

ロボ之園

なるほど!
動画第一弾 RPA the Movie~RPAを使うとこんなことができる~オフィスワーク編ではロボットが華麗にメールソフトやエクセルを操っていました。

ロボットにも会社のメールや基幹システムにログインするアカウントが必要だ!ということですね?

thumb_robota

坂西氏

そうです!
RPAは人間と同じレイヤーで働くロボットであるため、システムの内部だけに適用する権限だけではダメなんです。

僕たちと同じように、会社で、一社員として働くのに必要なアカウントが必要になってくるというのは、当たり前といえば当たり前のことですが、その当たり前のことにプロジェクト開始当初は気づかなかった…

thumb_robonozono

ロボ之園

動画では、公式情報を、ネットから探してきてエクセルに転記する、という例を挙げていますが、お客様の大切な極秘情報を扱うこともあるでしょうし、セキュリティの観点から、誰かのアカウントを貸して操作させることもできないですよね?

thumb_robota

坂西氏

もちろん。
会社のアカウントが必要になるということは、「社員登録」「社員番号」が必要になるということ。

一人の人間の入社手続きとほぼ同じ、なのに、社会保険など労務関係の手続きは不要というイレギュラー(汗)

thumb_robonozono

ロボ之園

社員番号に紐付いて、社内の色々な権限の付与条件が決まってくるわけですから、社内手続きも一筋縄ではいかないということですね。

thumb_robota

坂西氏

ソフトウェアロボットという実態のないものに、「人間と同じく社員番号を付与してください!」ってなかなか伝わらないですよ。

僕と人事部の間に高い壁がありました。。。

thumb_robonozono

ロボ之園

ロボットが働くための環境を整えること、つまりはセキュリティポリシーなんかの社内コンプライアンスに沿ったルールを考えておくことが必要ということですね。

thumb_robota

坂西氏

ロボットの働く環境を整備する仕事…未来を感じます!!

thumb_robonozono

ロボ之園

坂西さん、意外な奮闘話、どうもありがとうございました。
次回のRPAプロジェクト奮闘記もどうぞお楽しみに。

第3弾 学研ロジスティクス様 事例動画公開

RPA the MOVIEシリーズ第3弾では、CTCSのリモート運用サービスを導入いただいている学研ロジスティクス様(以下GLG様)のインタビューを公開しております。
撮影は3月の初旬にGLG様の会議室をお借りして行われました。
前半、GLG様よりリモート運用導入にまつわる話をして頂き、後半、CTCSが「GLG様の業務をRPA化しませんか」と提案していく二部構成。
GLG様からは乙訓様・島崎様の2名、CTCSからは鈴村・塩見の計4名が出演しています。

01

「リモート運用導入後、夜間専任だったスタッフの労働力を昼間の別業務に割り振ることに成功した」と語るGLG乙訓様。

01

GLG島崎様にはリモート運用に移行するまでの作業工程を現場視点でお話いただきました。

01

撮影は非常に緊張しましたが、GLG様の業務をRPA化することのメリットをたくさんの皆様に知っていただきたいです。(CTCS鈴村)

01

実際にGLG様の倉庫を見学させていただき、自分たちがRPAでデータ化している帳票が貼られた荷物を見ることができ身が引き締まる思いでした。(CTCS塩見)

早春の日差しの中、GLG様のご協力のおかげで、終始和やかに撮影を終えることができました。
乙訓様・島崎様ご協力ありがとうございました。

RPA the MOVIE 第2弾

第1弾「RPA the MOVE〜RPAを使うとこんなことができる〜」の大反響を受けて、第2弾動画「RPA the MOVIE〜「働き方改革」の救世主 RPA・5登場〜」をUP!

私RPAナビゲーターロボ之園が、RPAプロジェクトリーダーにインタビューしてまいりました。

  • 01
  • 01
  • 01

「なぜ今RPAなのか」
「従来の自動化とRPAの違いは何か」
「CTCSがRPAで「働き方改革」に踏み切れると確信したポイントはどこにあるのか」
などなど、RPAプロジェクトの出発点を話してもらいました。
CTCSがRPAというツールを用いて、これからどんな「働き方改革」を推進していくのかをお伝えできれば、と思っております。
CTCSの「働き方改革」の救世主はRPA『ツール』ではなく、RPA・5!!
彼ら5人のノウハウであり技術力です。
動画後半で輝かしく登場するRPA・5にもぜひぜひご注目ください。

CTC Forum 2017 「ITの働き方改革」

CTC Forum 2017 『ITの働き方改革』私たちはRPAで始めました!
講演、大幅増席決定のお知らせ

以前より皆様にご案内しておりました、 CTCForum2017での弊社「RPAプロジェクト」に
関する講演。
発表当初より大反響を頂き、急遽、座席数の大幅増加を決定致しました。
ぜひこの機会にお申し込みをご検討ください。

CTC Forum 2017

企業ITは統合と連繋へ
新たな”つなぐ力"が、未来創りを導く

開催日時
2017年10月13日(金) 10:00 〜 18:00
会場
グランドニッコー東京 台場
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
詳細

講演 増席決定!

14:05~14:45 『ITの働き方改革』私たちはRPAで始めました!

オープンシアター(OT11)

17:00~ IT業界にも働き方改革を! RPAを使うと何ができる?

展示

RPA+リモート運用サービス RPAで業務効率化を実現。
話題のロボット社員が実演中!

申し込みはこちら

※人気の講演につき、「満席」となっている場合はこちらからお問合せください。
確認後、返信させていただきます。

RPA5(ファイブ)!5人の精鋭エンジニアたち

未来への道を切り開く、RPA開発の精鋭エンジニアたち。
その名も、『RPA・5(アールピーエー・ファイブ)』!
そして5人を束ねる司令官、プロジェクトリーダー坂西をご紹介!
彼らの手によって、RPAによる働き方改革は、日々粛々と進められています。

img

CTC Forum 2017 「ITの働き方改革」

CTC Forum 2017 『ITの働き方改革』私たちはRPAで始めました! 講演のお知らせ

10月13日開催のCTC Forum 2017にて「RPAプロジェクト」に関する講演、展示を行います。
私たちCTCシステムマネジメントが、RPAという最新技術を用いて、どんな改革に挑んでいるのか?
講演にて皆様にお届けします。
また、オープンシアターや、ロボット実演の展示ブースもご用意しております。
皆様のお越しをお待ちしています!

CTC Forum 2017

企業ITは統合と連繋へ
新たな”つなぐ力"が、未来創りを導く

開催日時
2017年10月13日(金) 10:00 〜 18:00
会場
グランドニッコー東京 台場
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
詳細

講演

14:05~14:45 『ITの働き方改革』私たちはRPAで始めました!

オープンシアター(OT11)

17:00~ IT業界にも働き方改革を! RPAを使うと何ができる?

展示

RPA+リモート運用サービス RPAで業務効率化を実現。
話題のロボット社員が実演中!

申し込みはこちら

※人気の講演につき、「満席」となっている場合はこちらからお問合せください。
確認後、返信させていただきます。

2017.01.01 01 デモ①動画 Yahoo天気予報を見に行く

「RPAプロジェクト奮闘記」記念すべき第1回は“RPA the Movie”~RPAを使うとこんなことができる~と題した紹介動画をお届けします。

IT関連ニュースを賑わしている”RPA”というワード。

「働き方改革に”RPA”」
「業務コスト削減に”RPA”」
…メルマガのタイトルで目にすることも多くなってきました。

今回は、
Webサイト操作編
オフィスワーク編
システム監視運用編

3つのシーンでのRPAの働きぶりを、実際のデモ動画を織り交ぜながらご紹介いたします。
「RPAって一体何?」「RPAって実際どんなことができるの?」といった疑問の解消にぜひお役立てください!