サービス&ソリューション

マイクロソフト製品
設計・構築サービス

マイクロソフト製品を基盤~ミドルウェアまで
設計・構築いたします。
高い技術力で、新規導入・移行を安全・確実に実施し、
お客様のマイクロソフト製品群の導入を支援いたします。

1.お客様の課題・目的

こんな課題でお悩みではないですか?

  • EOSLを迎えるマイクロソフト製品の更改を行いたい。
  • 物理サーバを減らしてクラウド環境を利用したい。
  • Active Directory・Exchange・SharePoint・Skype for Business Serverを全部まとめて構築を依頼したい。

近年高まるマイクロソフト製品の重要性

近年、マイクロソフト製品は企業内での重要性が非常に高まっており、 当然の様に24時間365日稼働、大規模災害時の事業継続性が求められます。
安定したシステム設計・構築をするには高い技術力が必要となります。

豊富な運用実績からサービスを提供します。
CTCシステムマネジメントでは、多数のMS認定エキスパートエンジニアにより、当社グループ会社への構築実績で蓄積したノウハウや運用実績からの豊富なナレッジをもとにサービス提供を行っています。
※本サービスは、日本全国にて対応が可能です。

2.ソリューション概要

マイクロソフト製品の各種設計・構築・試験工程を担当。
設計段階からプロジェクト会議体に参画し、プロアクティブにお客様を支援します。
納品物として、各種製品の設計書、設定シートおよびテスト結果報告書を作成し、必要に応じて、前・後工程の支援やお客様への運用引継ぎ(手順書作成等)を実施します。

サービス項目
マイクロソフト製品設計・構築サービスでは、以下の項目を実施します。

サービス項目 内容
基本設計 システムで利用する構成・機能を定義します。
詳細設計 実機検証及び製品パラメータを決定します。
構築 お客様指定場所にてシステムを構築します。
移行 既存システムからデータを移行します。
試験 システムの設定値及び機能動作を確認します。
運用引継 手順書の作成や、担当者向けの説明をします。

マイクロソフトの基盤製品から
アプリケーション製品まで幅広く提供できます!

マイクロソフトの基盤製品からアプリケーション製品まで幅広く提供できます!

3.導入までの流れ

ステップ1

前提条件の確認

「対象製品」、「使用機能」、「作業範囲・作業対象」、「納品物」、「スケジュール」を確認します。

ステップ2

基本設計

現地調査やヒアリング、定例会を実施し構成設計及び機能設計を行います。

ステップ3

詳細設計

検証構築、構成検証及び機能検証を経て、構築手順と試験項目を作成します。

ステップ4

構築作業

OSインストールや製品インストール、パラメータ設定を行います。

ステップ5

移行作業(オプション)

移行試験、移行リハーサル及び移行作業を行います。
※オプション作業はご要望があった場合のみ実施する項目です。

ステップ6

試験

単体試験(パラメータ・ログチェック)及び結合試験(動作・障害試験)を行います。
オプションサービスとして、負荷試験、リカバリ試験も取り揃えています。

※オプション作業はご要望があった場合のみ実施する項目です。
※負荷試験は製品により実施出来ない場合もあります。

ステップ7

運用引継ぎ(オプション)

操作手順書を作成します。また、当社スタッフによる現地説明も行います。

※オプション作業はご要望があった場合のみ実施する項目です。

4.提案例

災害対策機能を備えたメール環境の構築で
万が一の災害時にも、ビジネスの継続を可能にします!

導入の目的
災害時におけるサービス中断の不安

既にマイクロソフト製品を導入しているお客様の中には、次のような課題を抱えているケースがあります。

  • Exchange2013にて、メンテナンス時及び単体障害時においてもサービスを継続させたい。
  • データセンターに災害が発生した場合においてもメールの利用を可能としたい。
提案概要
ビジネス継続性と災害復旧に貢献します

運用サイトにおいて、各機能毎に冗長構成を採用。
単体障害発生時においてもサービス提供ができ、24時間365日の運用を可能とします。

遠隔地に災害対策サイトを構成することにより、大規模災害発生時においてもビジネスを中断することなく継続することが可能になります。

ビジネス継続性と災害復旧に貢献します

オンプレ環境からクラウド環境へのメール移行
業務の効率化とセキュリティの向上を実現

導入の目的
利用者負担を軽減するには…

既にマイクロソフト製品を導入しているお客様の中には、次のような悩みを抱えているケースがあります。

  • 現行のExchangeがEOSLを迎える為、Office365へメールの移行を行いたい。
  • 外部からのアクセス及びSSOの導入を行う事で利用者の負担を軽減し、業務の効率化を図りたい。
提案概要
負荷軽減とセキュリティ向上を実現

大量のユーザー移行に伴う負荷を軽減する為、Outlook Anywhereを使用した既存ExchangeとOffice365のハイブリッド環境を構築し、安全な段階的移行を可能としました。

社内のActive DirectoryとOffice365を同期する事により、外部からのアクセスをActive Directory配下の端末に限定する事でセキュリティの向上も実現しています。

負荷軽減とセキュリティ向上を実現

大規模環境向けSharePointサーバの構築で
ユーザーの利便性を大幅に向上!

導入の目的
情報資産管理の課題

日頃情報管理を担当しているお客様では、多くの悩みを抱えています。

  • 現行情報資産の管理が煩雑になっており把握できないため検索を出来るようにしたい。
  • LYNC2013と連携し、プレゼンス(在席状態)を表示させ、ユーザーの状態を確認したい。
  • 各個人での情報発信及びコミュニケーションを図れるポータルを導入したい。
提案概要
膨大なデータへの検索と連携を可能にします

4万ユーザーを想定する大規模環境である為、冗長性はもちろん拡張性を意識し、役割を分散させた構成としました。

既存環境のファイルをSharePointへ集約し、全てのデータ検索を可能とした上、個人サイト、LYNC2013との連携も実現。
SharePointユーザーの利便性を大幅に向上させました。

膨大なデータへの検索と連携を可能にします

5.導入の費用

詳細はお問い合わせください。

6.専門スタッフがサポート

  • 多数の構築実績を積んだ経験豊富なエキスパートエンジニアが、金融、流通、通信、公共など業種・業界を問わずサービスを提供しています。
  • 提供製品が幅広く、大規模案件の実績も多数あります。
pagetop