サービス&ソリューション

SAP ERP運用・保守サービス

SAP ERP運用・保守サービス

SAPの安定した運用・保守なら、ITシステム運用会社のCTCSへ。
1996年よりSAPの運用・保守の取り組みを開始し、
長年のノウハウを蓄積。
お客様のニーズに合った運用サービスを提供します。

1.お客様の課題・目的

こんな課題でお悩みではないですか?

  • システムの運用を開始しているが、障害が減らず夜間コールが多発。
  • 運用ベンダーの提示するコストが高額で、妥当性が判断できない。
  • 運用・保守業務が特定の人に依存していて、障害時などの対応が不安。
  • 導入ベンダーがSAP専業のため、基幹システム(SAP)以外のシステムの運用・保守が頼めない。

お客様のSAP運用コストパフォーマンスの改善を実現します。

リモート運用により、定型作業の運用コストパフォーマンスを改善。
完全メニュー化された料金設定により、コストを明確にできます。
SAP専門技術者だからこそ、タイムリーな運用サポートを迅速に行えます。
さらに、SAPの専門的技術が必要な保守作業にも柔軟に対応可能です。

2.ソリューション概要

ERPパッケージソフトウェアとして定評のある、SAP社のERPパッケージをはじめとして、周辺システムの運用から保守管理まで、お客様の様々な運用ニーズにトータルにお応えできるサービスを提供しています。

SAPの運用・保守をリモートで提供します。また、バージョンを問わず、SAP社のERP製品全てに対応可能です。

SAPを熟知したコンサルタントが対応します!

SAPを熟知したコンサルタントが、お客様がお持ちのSAPシステムの運用分析を行い、最適な運用の移行方式、方法をご提示します。
長年のノウハウをもとに完全メニュー化を実現。本サービスで標準規定した「サービス導入工程」を基本に、運用分析の結果を考慮して必要な工程を実施し、サービスを開始します。

「SAP ERP運用・保守サービス」サービスメニュー

アプリケーション運用サービス

業務運用支援 マスタ更新、主要データ棚卸、期首切り替え対応、その他サービスデスク対応
システム運用 アプリケーション運用(カスタマイズ更新、各種設定ファイル更新等)、ジョブ運用
訂正保守 是正保守 ソフトウェア製品引き渡し後に発見された問題を訂正
予防保守 引き渡し後のソフトウェア製品の潜在的な障害が顕在化する前に発見し、是正を行うための修整

ベーシス運用サービス

稼働管理 SAPソフトウェアの稼働監視、パフォーマンス/リソース監視
運用管理 定常(日次・週次・年次)作業、バックアップ運用作業、ユーザー管理作業、SAPシステム管理作業
障害管理 障害対応作業、予防保守作業
変更管理 構成管理、リソース管理
その他作業 SAPシステムに関するお問い合わせ・調査対応

※サービス開始にあたり、事前に諸条件の確認をお願いしています。

<オンサイト/リモート運用>
オンサイト、またはオンサイトとリモート運用の組み合わせについても、オプションとしてご提供可能です。

長年のノウハウを活用し、安定運用を実現します

安定した運用を行うためには、業務の標準化・効率化を図ると共に属人化しないことが大切です。

CTCSは、ITシステム運用会社として長年蓄積したノウハウを駆使し、業務の標準化・効率化を行うと同時に、高品質で安定した運用・保守サービスを提供しています。

また本サービスは遠隔地かつ複数拠点から提供しているため、仮に自然災害等の事態が発生した場合でも「止まらない運用」を可能としています。

サービスイメージ
サービスイメージ

3.導入までの流れ

ステップ1

準備・計画

  • 業務調査、引き継ぎ計画、プロジェクト管理/リスク管理計画の確立
  • 全体スケジュール、業務引き継ぎ範囲の確認実施
  • 要件と実施体制の説明

ステップ2

引き継ぎ実施

  • 業務項目、管理プロセスの可視化、標準化の確立
  • 引き継ぎシナリオの確認、現行担当者様からヒアリングの実施

ステップ3

引き継ぎ確認

  • 引き継ぎ対象業務の評価レビュー、テストの実施
  • 担当者間での情報共有の完了
  • 運用・保守体制変更の確認

ステップ4

運用・保守サービス開始

  • 引き継ぎ対象サービスの受け入れ、妥当性確認の実施
  • 引き継ぎの受入確認
  • 保守案件の確認
  • SLAの確認

ステップ5

継続的サービス改善

  • 管理項目の測定/分析の実施、課題事項への改善実施
  • 改善提案の実施

4.提案例

「必要な時に、必要なだけ」利用できるサービスで、
お客様主体の運用を強力にサポート!

導入の目的
基幹システム(SAP)の運用にまつわる不安

基幹システム(SAP)の運用・保守を自社の担当者で行っているものの、通常の運用業務だけで手いっぱいという声をよく耳にします。

担当者は少人数のため、担当者の退職や新しい企画の発生などで、日頃の運用業務に支障が出てしまうケースや、開発(ABAP)の知識を深める余裕がなく機能改修に不安を持っているケースも見られます。

運用に携わる担当者は、日頃から様々な不安を抱えながら業務に取り組んでいるのです。

提案概要
「必要な時に、必要なだけ」利用できる運用サービス!

安定運用への不安解消策として、CTCSが用意しているのが「アプリケーション運用サービス」です。

本サービスは、運用・保守に関する既存業務を分析。その結果をもとに算出した工数から、「必要な時に、必要なだけ」利用できるサービスプランを提案します。

既存業務については引き続きお客様が担当し、これまでの運用業務にプラスアルファする形でのサービス提供となります。

導入後に期待できる変化
低コストでの「安定運用」が可能に

機能改修や人員不足など、困った時に必要な分だけご利用いただける「アプリケーション運用サービス」の利用で、低コストで安定した運用が実現できます。お客様の作業負荷が軽減されることで、本来の仕事へ集中できるようになるのもメリットの一つです。

要望に応じて、全ての運用・保守をCTCSへお任せいただくこともでき、状況によってフレキシブルな運用が可能です。

低コストで安定したシステム運用を、
「ベーシス運用サービス」
の活用で実現!

導入の目的
コスト、作業の手間、品質・・・運用の課題は山積み

既にSAP社のERP製品を導入しているお客様の中には、システム運用に関して次のような課題を抱えているケースがあります。

  • 作業担当としてベーシス技術者を常駐させているが、システムは安定稼働期に入っているため、作業量に対してコストが割高となっている。
  • 運用業務が特定個人の専任となっているため、休暇や不慮のトラブル等により業務が止まってしまったり、作業品質が低下してしまう恐れがある。
  • 社員をコア業務(企画・開発)に注力させたい。
提案概要
運用の課題をアウトソーシング化で全て解決

SAP導入済みのお客様が抱える課題に対し、CTCSでは「ベーシス運用サービス」活用によるアウトソーシングという解決策を提案します。

サービスメニューをもとに、まず専門コンサルタントが既存ベーシス業務とのFit&Gap分析を実施。お客様システム上のベーシス業務の作業内容、作業量に対して、必要なプランを選択・決定します。

その後、既存の運用ベンダーからの引き継ぎ計画を策定し、短期間で業務引き継ぎを完了。運用業務を全てアウトソーシング化することもできます。

ベーシス運用サービスイメージ
ベーシス運用サービス
導入後に期待できる変化
コスト削減と運用品質向上を同時に達成!

CTCSがITシステム運用会社として蓄積してきたノウハウを活用することで、作業品質が大幅に向上。また、既存の技術者常駐型サービスに比べ、約60%ものコスト削減を実現したお客様もいらっしゃいます。アウトソーシング化を実現したことで、お客様がコア業務に専念できるようになり、以前より効率的に仕事が進められるようになったと、多くのお客様から高い評価をいただいています。

5.導入の期間・費用

初期移管費用 700,000円~/平均2.5ヶ月
運用費用 450,000円~/月

オプションの提供については、別途お見積りが必要です。
当社拠点よりリモート接続・作業が可能であるサーバおよびSAPシステムであることが前提です。

6.専門スタッフがサポート

  • 様々な業種のお客様に対して、運用実績を持つ専門スタッフがワンストップで対応します。
  • SAP Partner
    SAP認定コンサルタントが複数名在籍しているので、より高度なサービス提供が可能です。
  • 本サービス提供部署は、2015年4月に「ISO9001」認証を取得し、従来にも増してお客様へ高品質なサービスをご利用いただけるよう取り組んでいます。

「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2009」で「ニューパートナー部門」を受賞

「SAP AWARD OF EXCELLENCE」は、SAPジャパン株式会社がSAPビジネスに大きく貢献したパートナーに毎年授与しているアワードです。2009年度の「SAP AWARD OF EXCELLENCE」で、当社は、パートナー歴3年未満の全パートナーの中で、認定コンサルタント数が最多であり、サービス体制強化について積極的に貢献したことを評価され受賞しました。

pagetop