サービス&ソリューション

運用自動化テクニカルサポートサービス

OpeNext

「こんなに少ない人数でシステム運用ができるなんて!」
運用自動化ツールを活用し高品質・低コストな
“新しい運用スタイル” を提供します!

1.お客様の課題・目的

こんな課題でお悩みではないですか?

  • 運用自動化システムを導入したが、自動化フロー作成が思うように進展しない。
  • 運用自動化システムの維持管理ノウハウが無い。
  • 運用自動化システムの維持管理作業から解放されたい。
  • 自動化フローのメンテナンスや追加を行いたいが、担当者の割り当てができない。

運用自動化システムの導入効果を最大にするには、維持管理も重要です。

CTCSは、数々の運用自動化導入経験から得たノウハウと、導入後の維持管理ノウハウを効果的に活用して、お客様の運用自動化システムの維持管理を専門技術者が支援します。

運用自動化ツールを活用することで、これまで人(運用者・オペレーター)が行っていた作業の自動化による、運用工数の大幅削減を提案します。少ない人数でも高品質なシステム運用サービスが提供できる体制作りをサポートします。

2.ソリューション概要

当社の運用自動化ツール導入サービスで導入いただいた「運用自動化システム」は、メンテナンス、運用フローの変更、追加開発等の維持管理を、運用自動化のノウハウを持つ専門技術者が行ってこそ、運用自動化の効果継続が実現できます。
当社では、お客様が運用自動化ノウハウを習熟されるまでの期間の維持管理支援、あるいは維持管理業務を代行します。
お客様の運用自動化システムの効果を最大限に発揮できるようサポートします。

自動化の実績豊富なエンジニアがトータルサポート

これまで様々なお客様に運用自動化ツールHPE OOを導入した実績にもとづく、豊富なプロダクト専門知識を持ったHPE OO専門技術員が、運用自動化ツールを効果的に活用するための運用ナレッジを提供します。
運用自動化ツールの導入はオンサイトで行い、自動化フローの作成やシステム稼働後の維持管理は、オンサイト、リモートの選択が可能。お客様の要望に応じて、トータルサポートしていきます。

HPE OOのイメージ
サービス提供イメージ

必要な時すぐに、運用自動化の専門技術者による的確な維持管理技術サポートをご提供します。

3.導入までの流れ

ステップ1

運用自動化テクニカルサポートメニューのご選択

当社の「運用自動化テクニカルサポートメニュー」から、ご希望の作業項目を選択していただきます。

ステップ2

サービス提供方式のご選択

必要に応じて、オンサイトまたはリモートでのサービス提供方式をご選択いただきます。

<オンサイト方式>
専門技術者がお客様先に常駐しオンサイトでサービスをご提供します。
※配置日、時間、技術支援等オプションメニューのご選択に応じて、事前にご調整をお願いしています。

<リモート接続方式>
当社サービス拠点とお客様先をリモート接続にてサービスをご提供します。
※リモート接続環境の導入が必要になります。

ステップ3

サービス開始準備

  1. サービス仕様の確定後、お見積をご確認の上、ご発注いただきます。
  2. ステップ2にて「リモート接続方式」によるサービスをご用命の場合、リモート接続環境の導入(仕様確定、環境設計、構築、テスト)を行います。

ステップ4

サービス開始

サービス開始後は、月次にて維持管理状況報告をいたします。

4.導入の期間・費用

運用・維持管理技術サポート 月額/300,000円~

HPE OOのライセンス費用、ハードウェア費用、OS費用、ミドルウェア費用は含まれておりません。

5.専門スタッフがサポート

お客様の基本要件を確認の上、業態に沿って対応部署を決定

  • 様々な業種、業態のお客様に対し、運用自動化ツールの導入経験豊富なHPE OO専門技術者が対応します。
  • HPE OOに関する専門知識だけではなくシステム運用部門での対応実績があるため、お客様システム環境や運用プロセスに沿った最適な運用自動化を実現することが可能です。

関連サービス&ソリューション

運用自動化ツール導入サービス

運用自動化でITシステム運用業務を自動化し運用コストを削減!
pagetop